和服の着付け

2018年に母が亡くなり、母の残した沢山の着物を着てピアノを弾きたいと思いました。母が生きている間に教われば良かったのですが、家にいるといつでも習えると思ってしまうんですよね😅

ちょうど良いお教室を見つけて早速入会しました😊このお教室は、補正下着を手作りする所から始まります。特に後ろの腰の部分に小さな布団が付いている感じで、腰ひもをきつく縛っても全然苦しくなりません。凹凸が無く、寸胴体系の方が着物がよく似合うようです。

汗だくになりながら何度も練習しているうちに、1年でようやくお太鼓を結べるようになりました。いつか、人にも着せてあげられるようになりたいですね~。

歌声の時、着付けを習い始めたことを報告し、いつか着物を着て来ることを約束していました。

そしてその約束を果たすことができて、本当に皆さんに喜んで頂いたんです🙇‍♀️

2020年1月の歌声サークル。
草履を家に忘れて、スリッパで誤魔化しています😂

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA